楕円とまんまる

印鑑イメージ

印鑑はひとつひとつがオリジナルのものが多いですね。
たくさんある名字の場合は、同じようなものを見かけることもありますが、同じ名字の人が身近にたくさんいるということは、家族親戚以外ではあまりいないでしょうから、間違えることもそれほどないはずです。

丸や楕円といった印鑑が一般的ですが、四角くて大きいものもあれば、細長いものもあります。
印鑑は用途によってそのスタイルを簡単に変えることが出来ますから、活躍の場も無限大なのかもしれませんね。

名字だけの、一般的な印鑑は丸いものがほとんどです。
昔は楕円のものが多かったようですが、最近はまんまるのものがほとんどのようですよ。

たしかに、楕円のものは最近見かける機会が減ったような気がしますね。
それでも、つい最近私が買って来た印鑑は楕円のものでした。

もしかしたら、昔のものがずうっと売れ残っていたのかもしれません。
ちょっと珍しい名字なので、あまり買う人がいなければ古いものがそのまま残っている可能性がありますからね。

もしかしたら何十年も前に作られたものだったのかもしれません。
そう考えると、壊れたりしないかどうか、ちょっと心配になってしまいます。
ですが、それまでもっていた印鑑が、まんまるタイプだったので、区別もつきやすいし、個人的には気に入っています。

皆さんのご家庭では、楕円とまんまる、どちらをつかっているでしょうか。
それによって、印鑑がつくられた時期がある程度わかるかもしれませんよ。

オンラインはんこ専門店の印鑑.com

はんこカンパニーは、実印・銀行印の価格情報が満載。
低価格で質の良いはんこをおもとめなら、印鑑サイトドットコムへ!

ページの先頭へ