旧姓の印鑑

印鑑イメージ

みなさんは、自分の持っている印鑑にどれくらいの思い入れがあるでしょうか。
もらったもの、自分で買ったもの、譲り受けたものなど…いろいろな入手方法があるかと思いますが、印鑑というものは一人で大量に持っているわけではないでしょうから、何らかの思い入れがある人も多いことでしょう。

私の場合は母が作ってくれたものを一本、もらったものを一本、自分で買ったものを一本、といったような感じで持っていました。
結婚して名字が変わってしまったので、それらは親に渡して、他の兄弟がお嫁さんをもらったときのために保管してもらうことにしました。
女性は同じような経験をしている方もいるかもしれません。

皆さんは旧姓の印鑑をどのようにしたか、しっかりと覚えていますか?もしかしたら、捨ててしまったという人もいるかもしれませんね。
その後、結婚してからは、夫が元々持っていた印鑑二本と、買ったもの、もらったものをそれぞれ一本ずつもっています。
困ったのは、夫が持っていた印鑑がわりとシンプルなものばかりだったことです。

男の子供の場合には、名字が変わることはほとんどありませんから、親がオリジナルのものを買ってあげていたりするのではないかなと思っていたんですが、そういうのは一切なかったようです。

さすがにこれを実印にするにはちょっと頼りない気がします。
いまはまだ、それほど必要性がもとめられていないのですが、そのうち一生使えるような、立派なものをひとつ購入した方がいいかもしれません。

印鑑証明書は原則として、本人が請求するべきものだそうです。
自分で、印鑑証明書をとったことがないのですが、ここのサイトによると印鑑証明書は市区町村の窓口で請求するだけで取得することができるようです。

ページの先頭へ